Kaoru Inoue (Seeds And Ground | Chari Chari)

Kaoru Inoue (Seeds And Ground | Chari Chari)
Kaoru Inoue (Seeds And Ground | Chari Chari)

Kaoru Inoue (Seeds And Ground | Chari Chari)
http://www.seedsandground.com/
https://seedsandground.bandcamp.com/
DJ/プロデューサー。神奈川県出身。

高校時代から20代前半までパンク~ロック・バンドでのギタリスト経験を経て、Acid Jazzの洗礼からDJカルチャーに没入する。94年より”Chari Chari”名義で音楽制作も本格的にスタート。UKのレーベル、Pussyfootよりリリースを重ねる。”真空管”、”MIX”、”BLUE”、”WEB”などの都内クラブで活動を続け、99年”Chari Chari”として、あらゆる音楽体験を昇華した1stアルバム『spring to summer』をリリース。以降、リリース作品、リミックスは多岐に渡る。2002年にリリースされたChari Chariの2ndアルバム『in time』からのシングル・カット「Aurora」は、世界各国で20種以上のコンピレーション盤にライセンスされ、今でもクラブ・プレイ、ラジオ・プレイ等される不滅のクラシックとなった。2003年よりレーベル”Seeds And Ground”を主宰。またDJの他、小島’DSK’大介とのミニマル・アコースティック・ギター・デュオ”Aurora Acoustic”としても活動中。これまで国内外のクラブや野外フェスティバルなどで数多くのDJギグ、ライブ等を行ってきた。2010年8月、Kaoru Inoue名義の2ndアルバム『Sacred Days』をSeeds And Groundよりリリース。以降、PCを使ったElectronic Liveも開始。2012年9月、3rdアルバム『A Missing Myth』をリリースし、長年の活動の集大成的な内容と話題になった。2014年、12年ぶりにChari Chari名義を復活させ、ライブ・バンドとして再生。インドア・フェス「RA@ageHa」にて復活デビューを果たし大きなレスポンスを得た。2016年、Chari Chari名義14年ぶりのアナログリリース「Fading Away / Luna de Lobos」が水面下で好評を博し、今後の活動が期待される。2018年、リスニング指向を高めたアナログLP、Kaoru Inoue『Em Paz』がポルトガルのレーベルGroovementよりリリースに。レーベル”Seeds And Ground”を主宰。

インタビュー:【eleking】人はいかにして、このハードな人生を生きながらゆるさを保てるか?──井上薫、ロング・インタヴュー

Kaoru Inoue – Mystic Motion